パワーハラスメント
パワーハラスメント

近年、社会問題として顕在化してきた「パワーハラスメント(パワハラ)」。

経営者の皆さまの中には「パワハラ」問題ですでに頭を悩ませている方や、社内で起きたらどうしようと心配されている方もいるかと思います。

しかし「パワハラ」と言っても、一人ひとりの概念は違います。

どういうことが「パワハラ」にあたるのか、それを理解していないと問題解決も、予防もできません。

厚生労働省が有識者を集めた「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」では、「パワーハラスメント」の概念を、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為と整理するとともに、典型的な6つの行為類型を示しました。

6つの行動類型
(1)暴行・傷害(身体的な攻撃)
(2)脅迫・名誉棄損・侮辱・ひどい暴言(精神的な攻撃)
(3)隔離・仲間外し・無視(人間関係からの切り離し)
(4)業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害(過大な要求)
(5)業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと(過小な要求)
(6)私的なことに過度に立ち入ること(個の侵害)


個々の具体的な行為が「パワハラ」にあたるかどうかは、企業ごとの慣習やその時の状況、回数などによって変わることもあり、一律的な判断はできません。

会社ごとに基準を明確にし、社員の意識を統一する取り組みが必要です。


当事務所では、労使トラブルの予防、解決に積極的に取り組んでいます。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問合せください(秘密は厳守いたします)。



                              



参考リンク
厚生労働省がパワーハラスメント対策の情報を集めたポータルサイトを平成24年10月に開設しています。
ポータルサイト「あかるい職場応援団」 URL:http://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/

お問合せ
あすか社会保険労務士事務所
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町4-57
横浜尾上町ビルディング8階
TEL:045-285-1556
FAX:045-285-1501

   ROBINSマーク  
 
 

  SRP認証マーク
「全国社会保険労務士会連合会」が個人情報保護を適切に行う社会保険労務士事務所に与える「SRP認証」を取得。


リンク集

全国社会保険労務士会連合会